FC2ブログ

わびさびつづり

岐阜市在住の女性研究者による、いきもの・たべものにまつわる、様々なトピックを取り上げ紹介するサイト。

雑誌『vesta』発売! 特集 刺激的な味―日本の辛い食べ物

食文化雑誌で有名な『vesta』の今回の特集はずばり!

辛い食べ物

です!

私も、一部分担執筆させて頂きました!
vesta 115号
刺激的な味ー日本の辛い食べもの
https://www.syokubunka.or.jp/productions/vesta/post_5.html

ワサビ食文化考 岐阜大学 山根京子

54019032.jpg

ワサビの歴史の書籍出版に向けて執筆中なのですが、
ざっくりと短くまとめましたものが今回の記事になります。

最近、自分が何の専門家だったか見失ってしまいそうなほど、
歴史と食文化の勉強を頑張っています。

ワサビだけを調べていても、正しい理解にはつながらない可能性があると思ったからです。

とはいえ、甘く見ていました。
読まなければならない本や資料が出るわ出るわ・・・(汗)
まさに底なし沼。

ということで、
ワサビという一つの植物を通じて、日本の食、
とくに江戸時代から今につながる食文化について紹介しています。
おもしろいと自分が感じたポイントだけぎゅーっとしぼって書いてみました。

是非ご一読下さいませ!!!

辛い食べ物万歳!


スポンサーサイト
  1. 2019/07/13(土) 01:35:14|
  2. ワサビ

植物コース研究室対抗ソフトボール大会でした

昨日は毎年恒例の植物コース研究室対抗ソフトボール大会でした。

33578_convert_20190615160227 (1)

我が研究室は残念ながら4位に終わりましたが、
みんな「すごく楽しかった」
と試合後充実の表情をみせてくれていましたので、
なんとか天気がもちこたえてくれてよかったです。

普段実験で研究室にとじこもりがちですので、
たまには身体を動かして、大声を出した方がいいと思います。
私自身も、大声で応援できて気持ちよかったです~♪

ソフトボール大会の後は、全員でバーベキュー大会でした。
今年はなんと、一年生も多数参加してくれて
とってもにぎやかでした。
準備してくれた学生さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

夜になって雨が降り出しました。
梅雨のなかソフトボール大会ができてセーフ!

今度は課程のソフトボール大会が開催される予定とのことです。
楽しみです!

最近Twitterの方が気軽に投稿できるため、
なかなか更新できておりませんが、
ブログも細々と続けて参ります。
宜しければたまにはのぞいて頂けますと幸いです。

研究室にて。





  1. 2019/06/15(土) 16:10:13|
  2. 教育研究雑記

謝恩会をありがとう!2018年度

今日は謝恩会でした。
頑張り屋さんの二人もめでたく卒業となりました。

S__113442829_convert_20190325232600 (1)

素敵なお花をどうもありがとう!

おめでたい日なので、こんなことを書くとしかられそうですが、
本当に寂しいです。

毎年繰り返されるこの何ともいえない寂寥感に
いつか慣れる日が来るのかな、と思っていましたが、
まだダメそうです。
一生慣れることなどないのかもしれません。

これが教員という職業なのでしょうか。

しみじみ。。。

とにもかくにも、
卒業生の皆様、本当におめでとうございました。
これからの幸多き人生を心よりお祈りしております。




  1. 2019/03/25(月) 23:32:18|
  2. 教育研究雑記

≪気になるニュース≫猛毒ヒアリはワサビに勝てず

気になるニュースがありました。
猛毒ヒアリはワサビに勝てず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000019-asahi-soci
ワサビvsヒアリ2019ニュース縮小

ワサビが注目された、この絶好のタイミングで、運よく学会発表ができそうです。
遺伝資源としてのワサビの重要性について、3月16日に開催されます、
育種学会千葉大学大会にて、当研究室の修士学生さんと私が一題ずつ発表します。

ところが!ものすごく頑張って実験してくれていたのですが、
昨月から分析機器の故障で実験が完全にストップしてしまいました

本当に残念ですが、今あるデータででもしっかりとお伝えしたいことは伝わりそうですので
なんとか頑張ってもらいたいと思います。

私も、口頭発表は何年ぶりでしょう。。。
全く準備ができておりませんが、頑張ります!


  1. 2019/03/01(金) 22:30:34|
  2. 気になるニュース

冬なのに

快晴の青空をみていると、休日の主婦としては助かりますが、
複雑な気持ちになります。

また一つ、記憶に残る冬になりそうです。

山に雪がなく、いつまでも調査ができるからです。
こんなことは、ちょっと前まで考えられませんでした。

野性ワサビがいる山は、たいていの場合、
4月くらいにならないと近づくこともできませんでした。


それが、1月になっても調査ができて、
2月のこの時点で、この状態で、
冬は終わるのかもしれないという陽気に戸惑うばかりです。

当たり前のように冬に雪に閉ざされ、
雪解けの春を迎えてきた植物たちは、
この急激な変化に適応できるのでしょうか。

これは、昨日のシンポジウムでも紹介した雪景色です。
2013年2月21日撮影(ちょうど6年ほど前になります)
DSCF0144_convert_20190223115438 (1)

市内からほど近いワサビ田です。

現在は、全く雪がみあたりません。

ワサビは、日本海要素植物で、
氷河期時代に日本海側気候に適応して進化してきたことがわかってきました。

この先、どうなってしまうのでしょうか。

自分の目で確認はできませんが、
予測することは可能です。

春の学会で学生さんが発表してくれると思います。

さて、主婦としては掃除洗濯お片付け、
今日は山に行くのは我慢して、
しっちゃかめっちゃかの家をなんとかします。


  1. 2019/02/25(月) 17:37:31|
  2. ワサビ

2018年度卒業論文発表会 お疲れ様でした!

一昨日は岐阜大学応用生物科学部植物コースの卒業論文発表会でした。
四年生の皆様、本当にお疲れ様でした!

26715_convert_20190221091324.jpg

当研究室も2名の学生さんが発表してくれました。

データが多すぎて、まとめるのが大変だったと思いますが、
最後まであきらめることなく二人とも本当によく頑張ってくれました!

昨日は日中誰もいない研究室を眺めながら、
ほっとした気持ち以上に、寂寥感がひどく、
毎年繰り返される「巣立ち」に、
まだ慣れることができないようです。

来年は、この研究室を本当の意味で「研究室」にしてくれた
功労者である大学院生が二人も同時に去ってしまうため、
そのことを考えただけでも寂しくて、
自分の精神状態の行く末が不安です。

(自分自身のことはさておき)
当研究室は、卒業論文も発表会も、
「妥協する」ということを極力避け、
ぎりぎりいっぱいまで、持てる力の限界まで出し切ること
をモットーにしております。
大変ですし、しんどかったと思いますが、
自分の限界に若いうちにチャレンジしておくことは、
とても大切なことだと思っています。

この経験をいかして、
社会で活躍してくれることを期待しております。



ということで、

卒業論文を必修の単位にしない大学もあると聞きますが、
私は反対です。
卒業論文を乗り越えた学生さんたちの成長をみていたら、
こんなに貴重なチャンスを逃すなんてもったいないと思うからです。

残念ながら来年度は担当する学生さんがいませんが、
その分修士論文の指導を頑張ろうと思います。

来月の謝恩会には何年かぶりに参加できそうです。
とても楽しみです♪







  1. 2019/02/21(木) 09:31:55|
  2. 教育研究雑記

岐阜大学応用生物科学部植物遺伝育種学研究室の同窓会でした

今日は、植物遺伝育種学研究室の同窓会(ヘテロ会)でした。
現在までに300名弱の卒業生を輩出している岐阜大学で最も古い研究室の一つです。

23534_convert_20181117212438 縮小

1957年に卒業された方や渡部先生もご出席下さり、
現役4名の学生も含め、約50名にご参加頂きました。
伝統の重みを感じ、身がひきしまる思いです。

お忙しい中、幹事をして下さった県職関係の皆様に、
また、たくさんの先輩方に温かいお声をかけて下さった方々に
この場をお借りして心より御礼申し上げます。

今回は、昨年夏にお亡くなりになられました、西川浩三先生を偲ぶ会もかねておりました。
西川先生と御一緒できなかったことが悔やまれます。
でもきっと、皆様の御活躍をご覧になり、
目を細めて喜んで下さっていると思います。

先生、ヘテロ会は途切れることなく、続いております。どうぞご安心下さい。

正直に申し上げますと、
先代までの先生方に比べて、自分がいかに研究者としても教育者としても力不足で未熟者かということを
痛感せざるをえないです。
ですが、覚悟のうえでこの場にいる身として、
少しでも偉大な先生方に近づけるように精進を重ねてゆく所存です。

私は頼りない人間ではありますが、
学生さんは今も昔も変わらずまじめで優秀です。

こうやって、伝統は受け継がれてゆくのだな、と感慨深いものがあります。

学生さんたちも、先輩方とたくさんお話しができたみたいでよかったです。
お手伝いもありがとうございました!

今日はよい夢がみられそうです。
(研究費の申請書の締め切りのことがなければ。。。トホホ)






  1. 2018/11/17(土) 21:46:22|
  2. 教育研究雑記

恐ろしい勢いで消える田畑

今日は、気になったことを書かせて下さい。

私は今、岐阜市内の大学からほど近いのどかな田園地帯に住んでいます。
こちらにきて8年ほどがたちました。

この二、三年の間に、急速に田畑が失われているのを感じます。
家の近所には、半径2キロほどの範囲に5つのドラッグストアができました。
田畑をつぶしてです。
この光景を異様に感じない人はいないはずです。

自宅の前には素晴らしく手入れのゆき届いた畑が広がっていて、
この風景が気に入って引っ越してきました。(賃貸ですが)
ところが、管理をされておられる方は高齢で、
この方が万一お亡くなりになられたら、
畑はつぶされてしまうことがすでに決まっているそうです。

農業従事者が減少していることは、
データでは頻繁に目にしますし、授業でも話題にします。
(参考データ)農業従事者、新規就農者の動向 ア 農業従事者の動向 農林水産省HPより
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h18_h/trend/1/t1_2_1_02.html

そんななかでも、この状況が身近でひしひしと感じられるくらい、
状況は深刻なのだと感じざるをえないです。

日本人は今、食へのこだわりや健康志向は高まっているように思えます。
それなのに、「作ること」や「作る人」「作られている現場」
に、あまりにも無頓着なのではないかという気がして仕方ありません。

誰かが作っているから食べることができる

こんな、基本中の基本を忘れてしまってはいないでしょうか。

所得倍増計画で有名な池田勇首相は昭和35年に

「(3年間は成長率9%)10年間に農民を3分の1に減らす
農民6割減」(翌日修正)
と言明しています。
<参考著書 聞書池田勇人:高度成長政治の形成と挫折 塩口喜乙 朝日新聞社 昭和50年> ⇐おすすめです
今となってはほとんどの人が忘れてしまった発言なのではないでしょうか。

つくづく政治というものは恐ろしいと思いました。

「農作物は海外から買えばいい」

などと、本気で考えている人がいるとすれば、
どういう末路をたどるのか、
ハイチを教訓にすべきだと思うのです。

もともとハイチのコメの自給率は100%近くありました。
ところが IMFの融資条件(=経済援助)として1995年にアメリカから米関税の引き下げ(35%→3%)
を約束させられてしまったことから、国内農業の衰退と食糧の輸入増がいっそう拡大することになってしjまいました。
<参考文献> 
●2010年大地震で露わになったハイチの自然災害への脆弱性 浦部 浩之 日本地理学会発表要旨集 2013s(0), 110, 2013
●食の戦争 米国の罠に落ちる日本  鈴木 宣弘 2013


その後どうなったのか、ブログや新聞記事などでも紹介されていました。
https://blogs.yahoo.co.jp/mmgg9876/9935263.html
自給率の低さが致命的な欠陥となってしまっている現状は明らかなようです。

私たちは今、将来に向けて生きるための食について、
真剣に考えるべき岐路にたっているといえるのではないでしょうか。

私は大学の講義でこうした情報を伝えるとともに、
出前講義でも高校生に向けてこうした情報を発信しています。
若い人たちは真剣に耳を傾けてくれます。

この国を担うのは若い人たちです。
期待してやみません。












  1. 2018/11/11(日) 01:44:14|
  2. 未分類

第26回育種学会中部談話会でした

今年も残すところあと二か月をきってしまいました。恐ろしい。

なかなかブログが書けなくてすみません。
今回は学生さんが頑張ってくれたので、第26回日本育種学会中部談話会の報告したいと思います。
初めて愛知教育大学を訪れました。
キャンパスが綺麗でインターからも近くてとっても環境がよさそうでした。

当研究室からは4名の学生さんが参加し、うち3名(M1二名、B4一名)がポスター発表してくれました。

DSCF5561_convert_20181104001423 (1)


3人とも本当にお疲れ様でした!

科研費の申請でゆっくり指導できなかったにもかかわらず、
3人とも立派な発表でした。ご両親にお見せしたかったです。
よくぞここまでお育て下さいました。

M1のHさんは、優秀ポスター賞を受賞されました。

DSCF5590_convert_20181104001816.jpg

(私は直接聞けませんでしたが)それはそれは立派な発表だったと聞いております。
彼女の努力と才能はそばにいて誰より理解しているつもりでしたので、
自己評価が低い彼女のことを、多くの方々に認めて頂けたたことが嬉しくて、ほっとしております。
自信につながったらいいな、と思います。
おめでとうございます!

87335_convert_20181104002239.jpg

ささやかではありますが、Hさんの受賞御祝いをイタリア料理店で行いました。
トラットリア ダ シバ
https://www.facebook.com/Trattoriadashina
かなり手のこんだ、珍しいお料理がとってもおいしく頂けます。かなりおすすめです。
(予約のみの受付だそうですので、ご注意下さい!)

月曜日は4年生の卒業論文の中間発表です。
土曜日ですが深夜(さきほど)まで研究室で頑張ってくれました。

まじめで頑張り屋さんの学生さんたちに囲まれて私は幸せ者です。

科研費も終わりましたので、あともうちょっとで投稿できそうな論文執筆を頑張ります。
頑張らねば~!(気合)







  1. 2018/11/04(日) 00:29:01|
  2. 教育研究雑記

育種学会(岡山大学)に参加しました

岡山大学で開催された育種学会に参加しました。
家族をおいて一人でかつ宿泊をともなう学会参加はどれくらいぶりかわからないくらい久しぶりです。

今回は大学院生のT君がコムギ、エギロプス属の研究成果を発表してくれました。

S_8610212482432_convert_20180923004854 (1)

なんと、共同研究者の京都大学のO君と一緒に朝四時まで質疑応答対策と発表練習をしてくれていたそうです。

恐らく、3日前くらいの完成度でもじゅうぶん発表できる状態だったとは思いますが、
妥協せずに少しでもよい発表を、と頑張っていました。

本当に素晴らしい発表だったと思います。

ポスドク時代から十年以上あたためてきたテーマが、
O君のおかげで飛躍的に前進し、候補遺伝子が得られるまでになりました。
本当に、ここ二年くらいで一気に研究が進んだのを感じます。

二人には心からお疲れ様!!と言いたいです。

昨日はワサビの共同研究者であるM大学のY先生とゆっくりお話しができて、
一つ、実験がひらめきましたので、早速学生さんにラインで伝えました。

やはり、いくら今はネットで様々な情報が得られるとはいえ、
こういう場にでかけてトレンドを知ったり、刺激を受けたり、アドバイスをもらったりすることは、
研究をすすめるうえでは重要なことだと痛感しました。

それから、余談ですが
岡山が都会でびっくりしました。
私はワサビ調査で全国津々浦々、もはや行ったことがない県が無いくらいですが、
いつも山から山の移動で終わります。
岡山も山には何回も行っていたのですが、
駅周辺のことは全く知りませんでした。
あんなに都会だったとは!

岡山は、また必ず行きます!

今回は学生さんの成長を近くでみることができて幸せな気分で帰ってくることができました。ありがとう。

次回は、愛知教育大学で行われる育種学会中部談話会です。

3名が発表する予定です。

それでは、よい日曜日をお過ごし下さい。




  1. 2018/09/23(日) 01:10:13|
  2. 教育研究雑記

岐阜大学応用生物科学部オープンキャンパス2018年も無事終了しました

ずいぶん時間があいてしまいました。
パスワードを頻繁にかえるように指示されるうちにわからなくなってしまい、再認証できずに放置・・・が続いておりました。


先日のオープンキャンパスでは、いつものように研究室のメンバーが頑張ってくれたので、
256名にワサビを食べてもらうことができました。

Image_8faa551縮小


報告したかったのですが、遅くなってしまい申し訳ございません。
忘れ去られて当然のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

さて今回のイベントでは、

わさびの田丸屋さんに大変御世話になりました。
http://tamaruya.co.jp/

この場をお借りして御礼申し上げます!
(大変遅くなりました)

一人でも多くの人たち(とくに若者)に、おいしいワサビを食べて欲しくて毎年企画して参りました。

なんとか運営できておりますのも、
協力して下さるワサビ関係者の皆様と、
何より研究室のメンバーのおかげです。

ほとんど無給で、二日間、ずっと立ちっぱなしで頑張ってくれます。
私としましては、こういう経験を通じて色々なことを学んでもらえたら、
と思ってはいますが、無理なお願いを押し付けていないか不安もあります。

また今回、
「わさびは苦手なので」
と、参加してくれなかった高校生が確実に増えた気がします。

まだ高校生なので、
無理強いするつもりもないのですが、
声をかけた時の反応が、年々厳しいものになっているようです。

10月に全国の生産者大会がありますので、
そこで、なんとか生産者の方々によびかけて、
若い人たちにおいしいワサビの経験を積んでもらうための方策を練りましょう、と
うったえようと思っております。

また今回、静岡県のとある高校生が来てくれて声をかけてくれました。
昨年出前講義をさせて頂いた生徒さんです。

ものすごく嬉しかったです。

実際に、出前講義を聞いてくれて興味を持ってくれて、受験した、
といって入ってきてくれた学生さんもいます。

出前講義のシステムがかわってしまい、
今年からは、高校からの直接の依頼がなければ対応できない仕組みになっております。

それでも既に数件の御依頼を頂いておりますが、
今年はまだまだ余裕がございます。

お申し付け頂けましたら参上致しますので、
宜しくお願い致します。

それでは、お読み頂きありがとうございました。

来週からの台風で被害がありませんように、祈りつつ。
論文執筆に戻ります。











  1. 2018/09/01(土) 19:16:01|
  2. この一冊

インスタグラム始めました

突然ですが、インスタグラムを始めました!

https://www.instagram.com/kyoko_yamane_wasabi/

実はシステムがよくわかっておらず、
使いこなせている気はしませんが、
頑張って写真をアップしています。

これまでにであってきたワサビ製品の数々を紹介しています。
逆にいえばワサビ関連の製品以外の掲載はありませんので、
オタク度maxです。

でもなぜか癒される画像満載(←だと勝手に思っている)ですので、
宜しければご覧下さい。

十年近くかけて集めたコレクションですので当分の間ネタ切れになることもないと思います。

No wasabi, No life

ということで♡




  1. 2018/06/26(火) 18:42:14|
  2. ワサビ

続報 騒音性難聴

治療を始めるには遅すぎたため、念のためにとステロイド治療を試みましたが、全く改善されませんでした。
聴力検査の結果は以下のとおりです。

聴力検査結果2018年6月_convert_20180622230901 (1)

4000Hzのあたりでレベルが下がっているのがわかると思います。

もはや改善する見込みはなく、このまま頑張るしかなさそうです。
身体のあちこちがガタガタなので、不調を感じても難聴が原因なのかどうかすらわからないのですが、
通常生きてゆくうえでは大丈夫そうです。
それよりも今回は、しばらく飲み続けている「血流をよくする薬(=ATP)」の効き目(?)がすごくて驚いております。

と言いますのも、薬を飲み始めてから、
驚くほど頭がすっきりするのです。
そのかわりに眠気がひどく、いつもより睡眠をとらざるをえなくなっているのですが、
日中気分がよいために、仕事がはかどる気がしています。

薬が嫌いでめったに飲まないこともあり、効き目が出やすい体質なのかもしれませんが、
それにしましても、多分、このすっきり感は気のせいではないと思います。

もしくは、気を付けて睡眠をとろうとしているため、
慢性的な睡眠不足の解消によるものなのか。。

真相はわかりませんが、
この血流をよくする薬だけはしばらく飲み続けるように指示されています。

気分がすっきりしている間に、もろもろの仕事を頑張ってこなしたいと思います。

最後になりますが、耳の病気は早期治療が重要なことがあるようですので、
異常を感じられた方は、早めの受診をおすすめします。

それでは皆様、よい土日をお過ごし下さい!

私は仕事ができない人恒例の金曜日居残り残業をもう少しだけ。



  1. 2018/06/22(金) 23:22:13|
  2. 教育研究雑記

騒音性難聴になりました

ご無沙汰しております。久しぶりだとログインできなくてますます書けなくなってしまいました。
おかしいな、とは思っていたのですが、
大学の健康診断で左耳の聞こえが悪いことがわかりました。
日常生活にそれほど支障がなければ、
まず病院へ行くことはないのですが、
業者さんから、
「耳だけは早めに病院へ行く方がいいらしいですよ」
と言われ昨日、家族を検診に連れて行くついでにみてもらいました。
検査の結果、

『騒音性難聴』

と診断されました。
不謹慎ですが思わずグラフをみて笑ってしまったのですが、医学の教科書に載せてもらえそうなほどわかりやすい、
騒音性難聴の典型的なパタンを示していました。
原因も時期も不明なので、
治療しても恐らく効果は期待できないだろうということでしたが、
ダメ元でやってみましょう、と、ステロイド投与が始まりました。

今回のことでふと今以上に生活がむちゃくちゃだった時期のことを思い出しました。

昔、家族から風邪をうつされ続け、日々マスクをしてボロボロの状態だった時に、
同僚の男性の先生から、

「僕は身体を鍛えているので風邪はひきません。
身体を鍛えたらどうですか?」

と言われ、ものすごく傷ついたのをお思い出してしまいました。
もともと体力だけには自信がありました。
でもその頃は家庭も病院だらけで大変で、

「身体を鍛える時間」

など全くなく、
ましてや、病院へ行く余裕もありませんでした。

主婦と仕事の両立は、それはそれはもう壮絶です。
ああ、
女性よ産めよ働け
という今の風潮はつまり、

女性よ、スーパーウーマンであれ

と言っているようなものなんだな、と身にしみました。

今は、時間を見つけてしっかり身体を鍛える余裕も少しは出ましたが、
やはり、病院へ行くという行為はあとまわしで、行こう行こうと思いつつ、人間ドッグも受けたことはないです。
(いや、今年こそいこう!)

身体からの悲鳴があちこちから聞こえるような気もしていますが、
やっと仕事が少しはできるようになったのに、病院へ行く時間がもったいないと思ってしまいます。
もちろん、友達と遊びに行ったりお茶をしたり、という時間も何年ももてていません。
全ての優先順位は「家族と仕事・・・以上!」の日々。

それでも、やはり年齢には勝てないな、と
つくづく昨日思い知らされました。

これからは、身体の不調には「なるべく」耳を傾け、(右耳で)
できるだけ無理をしないようにと思うようになりました。

今日は午前中だけなんとか時間が欲しいと、
洗濯などの家事を超特急ですませて研究室で実験とメールの返事を書いています。
(深夜までやって睡眠時間を削るよりましそうですので)
心穏やかに新しい実験に取り組める幸せをかみしめています。

研究が好きで、恵まれた環境のせいで、無理をする。。。
悪いことではないと思っていましたが、
これからは自分の体力を過信しないようにしないといけなさそうです。

それにしましても、一日が24時間は短すぎます。
もしくは睡眠が3時間くらいでよい、
なんてことになればいいのに。。

さあ、チャイムがなりました。
ここからは主婦スイッチオンで頑張ります!





  1. 2018/06/16(土) 11:54:21|
  2. 教育研究雑記

今優先順位が高いこと

ご無沙汰しております。久しぶりに書き込もうと思った時にPWを忘れることが多くなり、今回も大変困りました。
再設定をしてやっとここまでたどり着いた次第です。

今年の調査シーズンもやっと峠をこえました。

この時期は、どう頑張っても投稿論文を書く心の余裕はうまれることはなく、
最初からあきらめております。

ただ、データがたまりにたまっておりますので、この夏なんとかしないと、と思っております。

研究者にとって論文を書くことは使命であることに間違いないのですが、
どうしても優先順位として上位に感じてしまっている二つのことに力を入れているのが現状です。

一つ目は、自生地や在来種の保全であり、もう一つはワサビ生産者の方々への聞き取り調査です。

現在80歳以上の方々は、戦前の情報をお持ちの方が多いのですが、
ご高齢のために、今聞いておかなければ、後になって聞いておけばよかったと思っても手遅れになるかもしれないと思いますと、
いてもたってもおられず。。

そのような理由から、今年は、DNA分析用の現地調査よりも、インタビューに力を入れ、
これまでに興味深いお話しをたくさん拝聴することができました。

ご高齢のためになかなか表に出てこられないため、
アポイントをとるのも大変なのですが、
あきらめずに頑張りたいと思います。

うかがったお話しはいつか必ずまとめて記録として残させて頂こうと思います。

本調査にあたりましては、地方自治体の職員の方々に大変お世話になりました。
この場をおかりして御礼申し上げます。

そして、まだまだ御会いできていない貴重な情報をお持ちの方々からもお話しが聞きたいと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

来週は研究室全員で保全活動のために東京に出陣します!


  1. 2018/05/05(土) 00:39:59|
  2. ワサビ

紙媒体シラバスの復活を希望します

3月になりました。今年はワサビ属植物の開花が例年より遅れているようで、
少し猶予を頂いた気分です。
(その分締切に追われているので業務上はむしろ切迫しておりますが。。)

現在、来年度開講授業のシラバスを入力しています。
そこでつくづく感じるのは、最近の学生さんは冊子になったシラバスをめくる楽しみがなくて可愛そうだな、ということです。

他の大学のことはわかりませんが、当大学ではwebシラバスに統一されています。
つまり、学生さんは、授業を選んだり調べたりする際には、
ネットで検索し、閲覧するしかありません。

先日の会議でもS先生がおっしゃっていましたが、
今の学生さんに、昔の冊子体のシラバスをみせると、
「授業を選ぶのはこっちの方がいい!」
「わかりやすい!」
「こんなのがあったら大学生活は違っていた」
と、
ほぼ全員が、冊子体のシラバスに感動してくれます。

もちろん、国立大学は法人化され、経営はますます苦しくなる一方で、
経費削減が可能なところはできるだけ努力する義務があります。
わかってはいるのですが、
何か、大切なことが抜け落ちてしまっていないかと思ってしまうのです。

私は小さい頃から所謂『本の虫』でした。
つらいことがあっても、本の世界は平等に自由を与えてくれました。
本を手にとりパラパラめくる間は、
ある種の探検であもあり、
冒険気分すら味わえます。
こうしたワクワクが、シラバスにはいっぱい詰まっているのです。

経費削減や省資源に逆行する考え方は不適切なのかもしれませんが、
学生さんが望むなら、
是非、紙媒体シラバスを復活させて頂きたいと切に願います。

選択肢すら知らされていない学生さんが、気の毒でなりません。



  1. 2018/03/01(木) 23:53:13|
  2. 教育研究雑記

修論、卒論発表会お疲れ様でした

少し遅くなりましたが、修論、卒論発表会お疲れ様でした!

15780_convert_20180227221825.jpg

じつは、今回発表してくれたY君は、当研究室初の修士号を取得して学生さんです。
本当によく頑張ってくれました。
彼のおかげでどれだけ数々のプロジェクトがすくわれたことか。。
ありがとうございました。
新しい道でも、きっと立派に社会に貢献できる人物だと思います。
お疲れ様でした。

彼はまだ三期生なのですよね。

ずいぶん長い間岐阜大学にいるような気がしていました。

一期生の時は文系だった研究室を改造して、
電気と水道工事を入れて、実験台を設置して、
薬さじ一本から買い揃え、
やっと一通りの実験ができるまでになりました。

一期生には本当に苦労をかけたな、と思います。

その一期生がなんと、結婚することになりました!

本当におめでとう!!!

学生さんの赤ちゃんを抱っこするのが夢なんです。

かなうといいな。。。

一期生は全員四年で卒業してしまったので、
今の時期、ポツンと一人研究室に残された私は
寂しさのあまり泣きそうだったことを思い出します。

いつも決まってこの時期感じるのですが、
羽ばたいてゆく若人を見送るばっかりの立場は、やっぱりつらいです。

年をとると、寂しさに免疫ができるのかと思って期待していましたが、
私の場合、まだまだ修行が足りないようです。

いや、免疫がつく以上に孤独度が増しているせいかもしれません。

時の人西郷隆盛の名言

『己に克つ』

をかみしめつつ。


  1. 2018/02/27(火) 22:32:57|
  2. 教育研究雑記

ワサビ保全地も雪景色でした

大変ご無沙汰しております。
年末から体調を崩しながら締め切り、卒論、修論との格闘であっという間に年明けから今日までが過ぎてしまいました。

福井の大雪で大変な思いをされておられる皆様に心よりお見舞い申し上げます。

日曜日に様子をみにいきました、ワサビの保全地もこのような景色でした。

S_7429576941110_convert_20180208230112.jpg


実はここ、低地で市街地からほど近い場所なのです。
少し車を走らせると雪が消えていました。
このあたりだけが日本海側の不思議な気候帯のようです。

非常に変わったDNA型をもつワサビがひっそりと生き延びていることがわかり、
完全に非公表で保全をしております。

ただ、ここのワサビの希少性がDNA分析から明らかになり、
もう少し組織的に保全をした方がよいのではないかと思うようになりました。

よくぞここまで生き残ってくれて、ありがとう!
と言わずにはいられないです。

岐阜大学の応用生物科学部生産環境科学課程にはこういう気持ちに賛同してくれる学生さんがたくさん
入学してきてくれるので、研究がやりやすいです。



さてさて、私は個人的には冬はきちんと寒い方がよいと思っておりましたし、
雪も降るべきところで降るべき量が降るべきだとずっと思ってきましたが、
今回の用な大雪はかんべんして下さい、と思う次第です。

  1. 2018/02/08(木) 23:00:23|
  2. ワサビ

2018年になりました

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

(珍しく携帯から失礼します)
2018年になりました。

おせちにお雑煮、日本のお正月の素晴らしさを
かみしめております。

さて、年末に恐ろしい本を読みました。

河合雅司
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

深刻なデータを見せつけられて、予想していたより厳しい現実に直面した気がします。

若い人こそ、日本の現状を知っておいた方よいのではないでしょうか。

2018年、ふりかえれば平穏無事だったな、
と思えるような年になりますように。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
  1. 2018/01/01(月) 23:08:17|
  2. 未分類

第四回 育種研ボーリング大会

12月というか今年も残すところあとわずかとなっていまいました。
本ブログの管理用のパスワードを忘れてしまい、
更新ができませんでしたがすべりこみセーフです。

先日、毎年恒例のボーリング大会が開催され、
家族も参加して総勢16名の参加となりました。

DSC_1131 縮小

なんと、私はここへきて

個人スコア 最下位

衰えているのは実感していましたが、ここまでとは。。(;;)。

とはいえ、とっても楽しかったです。

今年のベストスコア賞は大学院生のY君でした。
昨年ペア戦が最下位でPPAPを踊っていたような。。
にごり酒の商品を嬉しそうに持って帰ってくれました。
おめでとうございます。
修士論文を頑張りましょう!

今年、全体写真をとるのをすっかり忘れてしまいました。
ショックです。

忘れないようしっかり胸にやきつけておこうと思います。

一年をふりかえりまして、
研究室全員に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!

(年末の挨拶はもう少し後にします)
  1. 2017/12/29(金) 17:47:27|
  2. 教育研究雑記

雪に閉ざされる谷

気が付けば11月をとばしてしまいました。久しぶりに書き込もうとしたらログインPWを忘れ、12月もずいぶん日がたってしまいました。
明日から日本海側は本格的に雪になりそうです。

これからこの地方のワサビたちは雪に閉ざされ、春にかわいらしい白い花を咲かせるまで
静かに過ごすことでしょう。
シカたちによる食害の被害もほとんどなくなることが予想されますので、
ほっと一息です。
保全作業もしばらくお休みに。

昨日訪れた谷の水温は6.2度。
外気に比べてずいぶん温かく感じました。

赤や黄色に染まった渓谷に雪がちらつき、幻想的な風景が印象的でした。
静かな、静かな谷・・・
心を染める美しい景色をみながら、ふとこんな歌を思い出してしまいました。

山里は 冬ぞさびしさ まさりける人目も草も かれぬと思へば 

しみじみと、我が身を振り返りつつ。





  1. 2017/12/10(日) 22:13:15|
  2. ワサビ

おすすめです!信長公ギャラリー in ぎふメディアコスモス

楽しめます!!!信長公ギャラリー(織田信長公岐阜入場・岐阜命名450年記念行事)
場所は、みんなの森 ぎふメディアコスモス です。
12月17日までやっています。
図書館がある場所なのですが、
なんと無料です!

メディアコスモス信長展_convert_20171021234726

難しい展示などはありませんので、
お子様連れでも楽しめると思います。

主に二つイベントがあるのですが、
二つとも
「無料でいいのでしょうか?」
と、恐縮してしまうくらいお金がかかっているように感じました。

ここのところ科研費のことなどで、
最低限の家事しかせず、家のなかがいつも以上に
しっちゃかめっちゃかになっていたのですが、
家族の絵が入選して展示されるとあって、本も借りたいので
参上しました。
どこにいても研究のことは頭からはなれることはありませんが、
こんなにすごいイベントとは知らず、
行ってよかったです。

ということで、急きょ皆様にも宣伝したくて書いております。

締切が乗り越えられた訳ではありませんので、
本当は今日もあと数時間できる限りやってから家に帰りたいのですが、
精神的にも体力的にも
少々ギブアップ気味ですので、
今日はもう帰ろうと思います。

明日は選挙に行きましょう!

  1. 2017/10/21(土) 23:58:56|
  2. おすすめスポット in 岐阜

今年も行きます!出前講義

今年も行きます!高校に「出前講義!」

昨年はたくさん行かせて頂きました。

今年は、何故か授業などと重なることが多く
既に泣く泣くお断りしてしまった高校がありますが、
明日ようやく行けそうです。

静岡県!
(岐阜県から近そうで遠いです)
ということで、
恒例の研究室対抗ソフトバレーボール大会には参加できません(;;)。

以前、園芸研と組んで優勝した時は、本当に楽しかったですし、嬉しかったな、と懐かしく思い出します。

昨年も出前講義で参加できなかったので、
今年こそは優勝トロフィーを奪還したいと思っておりましたが、
大変残念です。

学生さんたちに頑張ってもらおうと思います。

私の方は高校生の皆様にお会いできるのが楽しみです。


植物遺伝育種学研究室ロゴ

↑ これは以前私がデザインした当研究室のロゴです。

明日ガンバレ~!

明日から寒くなりそうですので
皆様体調管理にはお気をつけ下さい。

  1. 2017/10/12(木) 22:22:35|
  2. 未分類

第11回 国際陶磁器展 セラミックパークMINO

気が付けば9月も終わりそうで、焦っております。
今年も残すところあと二か月??信じられません。年々あっという間に一年が過ぎ去ってしまいます。
あと何回ワサビの花をこの目で見ることができるでしょう。

などと、センチメンタルな気分になりつつも、
今日は久しぶりに岐阜のおすすめイベントの紹介です。

土岐にありますセラミックパークMINOはお気に入りの場所です。

企画展はおもしろいですし、
広々とした贅沢な空間が心地よく、
リフレッシュするにはもってこいの場所です。

でも今回はとくにおすすめしたいのは、
第11回 国際陶磁器展が開催されているからです。

国際陶磁器


眞子様が名誉総裁を務めておられ、ご訪問されたニュースで
ご存知の方も多いかもしれません。

広い会場にならべられた作品はどれも個性的で遊び心がいっぱいで、
陶磁器の表現の無限に広がる可能性を感じることができました。

実は、産業振興コンペティションには、
ワサビおろしで大変お世話になっております、
ヤマ忠木股製陶様も出展されておられました。
http://www.icfmino.com/mpc/detail.php?id=16

ワサビおろしの『おろし上手』のHPはこちらです。
http://www.yamachukimata.com/surioroshi/index.html#id1

主婦は大きいのが欲しいのです!
と、以前要望を出させて頂いたのですが、
大きなサイズも売店で販売されていました。
セラミック―パークMINOはお買い物も楽しめる施設となっております。

芸術の秋、世界各国から集められた陶磁器を是非ご堪能下さい。




  1. 2017/09/29(金) 23:44:16|
  2. おすすめスポット in 岐阜

ラボメンバーが増えました

3年生が研究室に分属されました!

HPにもメンバー紹介欄をアップして頂きました♪

https://www1.gifu-u.ac.jp/~kyamane/memberYamane.html

くにしま君
はっとりさん

似顔絵ソフトを使っています。

男の子の方、かなり似てます  キタ━(゚∀゚)━!

でも、この流れだと、うちの研究室のボスっぽい風格が。

私のひそかな目標は、
自分のもとで卒業研究をしてくれた全ての学生さんと、なんらかの形で共著を出したい!
というものです。

筆が遅いのと、昔のデータから順番に片付けていますので、
なかなか追いつかないのですが、
時々メンバー欄をみて、頑張らないと!と気合を入れなおしております。

ようこそ、植物遺伝育種学研究室へ。

これから宜しくお願い致します!



  1. 2017/09/21(木) 21:10:30|
  2. 教育研究雑記

月間食材情報WEBマガジン天晴れ北陸にワサビの記事を掲載して頂きました

月間食材情報WEBマガジン 『天晴れ北陸』にワサビの記事を掲載して頂きました。

天晴

URLはこちらです。↓
https://appale.tokyo/hokuriku/

このなかの、
2017.9.1│9月号
商品販売あり
炊きたてご飯に鰹節と醤油「極上ワサビ丼」の上質な甘み
稲谷久志石川県白山市ワサビ風一山根京子ワサビ丼

の記事に、インタビューして頂いた内容が掲載されています。

ログインには会員登録が必要ですが、
バックナンバーになりますと、無料で閲覧できます。

 『天晴れ北陸』
さんは、広告料をどこからもとっておられないため、
本当に伝えたい真実を、
という観点から中立的な記事を掲載されておられます。

大変おすすめのサイトです。
是非ご覧下さい。

今回の記事は、大変お世話になっております、
石川県白山白峰地区の
風(かぜ)さんがメインです。

歴史の古いワサビにスポットをあてて、
全国でそこにしかない個性的なワサビをいつみなさんにも
食べて頂けるよう、
DNA分析等で応援させて頂いております。

是非ご覧頂けましたら幸いです。

ワサビとご飯のマッチングは
まさに「涙もの」ですよ!





  1. 2017/09/04(月) 18:15:37|
  2. 教育研究雑記

訃報 岐阜大学名誉教授 西川浩三先生がご逝去されました

同窓会ヘテロ会の方より悲しいお知らせがありました。

当研究室の前々任
 岐阜大学名誉教授 西川浩三先生がご逝去されたとの訃報が届きました。

西川先生は岐阜にゆかりのない私を温かくお迎え頂きました。
御身体の具合が御悪いということをうかがっておりましたので、
何とかして9月にでも横浜まで御見舞いに行こうと思っていた矢先でした。

先生はまだまだたくさんのことを教えて頂きたかったです。
テニスも御一緒させて頂きたかった。。。
何より最期に御会いできなかったことが悔やんでも悔やみきれません。

先生、長い間本当にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  1. 2017/08/15(火) 20:44:08|
  2. 未分類

今日の日 日航機墜落事故によせて

今日は8月12日、日航機墜落事故があった日です。

以前にも紹介しましたが、
とくに若人に
山崎 豊子さんの『沈まぬ太陽』をおすすめします。

この事件を題材にしており、背景にあった複雑な問題や、未だ解明されていない謎について
緻密な取材に基いて書かれた小説です。

無類の長編好きの私でも読み応え十分のボリュームでしたので、
読み終えるまである程度覚悟が必要かもしれませんが、
もし読んでおられないのならば、是非ご一読下さい。
あらためまして、山崎豊子先生の取材力には脱帽です。

実は、読みすすめていきますと、
途中一箇所、自生のわさびが出てくる場面があります。

万が一でも山崎先生にお会いできる機会が得られたならば、
あのわさびの記述は、取材中の実体験なのか、
フィクションなのかをうかがってみたいと思っておりました。
今はもう、決してかなわない夢となりましたが・・・

いずれにせよ、わさびが自生しているとうことは、
相当山奥だということを連想させ、
事故後すぐに現場に行けなかったご家族の方々のお気持ちを
察して胸がいたみました。

あらためまして、犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。


  1. 2017/08/12(土) 19:43:43|
  2. この一冊

ワサビ系統保存施設のクーラー故障につきまして

ワサビの系統保存をしております。
種での保存が難しいため、植物体をそのまま育てております。
岐阜大学に着任してしばらくは、冬場は官舎のベランダで栽培し、夏場は人工気象機で育成しておりました。
自分の小さな車で何度も何度もピストン輸送するのは本当に大変だったのを思い出します。

当時は個人の実験室が与えられていなかったため、
あふれてしまうワサビたちをどうしようか真剣に悩んでおりました。

なんとか実験室が使えるようになり、
同じく岐阜大学で長年ワサビを屋内の施設で栽培されておられた田中先生に技術的に助けて頂き、
現在の系統保存施設ができました。
資材は全て無料にして頂いたうえに、複雑な保存庫をものの一時間ほどでつくりあげられました。
本当にすごいです。この場をおかりして御礼申し上げます。

ワサビは冷涼な環境を好みますので実験室のなかに小さな部屋をつくり、そこに小型のエアコンを設置しました。
それが今回壊れたエアコンです。

家庭用の廉価品でしたので、
恐らく負荷が大きすぎ、
コンデンサーの寿命が通常の使い方より早かったと考えられます。

今が冬ならば、また外で育てることも考えましたが、
これからもっと暑くなるこの時期ですので、
新しいエアコンを購入するしかありませんでした。

今のところは実験室のエアコンをつけっぱなしにして扇風機で庫内に風を送っています。

それでも室温は25度をこえておりますので、このままでは全国から集めたワサビが枯れてしまいます。
来週の水曜日の工事が待ち遠しいです。


2005年以来、ワサビを研究し続けて参りましたが、
何度もピンチがあり、なんとかここまでやってこれました。

今回も、なんとかなりそうでほっとしております。

でも、こんな状況もいつまで続けられるだろうか、
と今回不安になりました。

とくに最近年々数が増え、庫内が満員御礼になりつつあります。

LED証明の数も増やしましたが、その分電気代もかかります。
電気代も研究費から支払わなければなりません。

ワサビを育てているだけで、外部資金を獲得しない限り
運営は困難です。

このままでは破綻してしまうのが目にみえております。

なんとかしなければと思いながらも、
よい方策が見つからずにおります。

研究費は恒久的ではありませんので、頼ることは得策ではありません。

そこで考えましたのが書籍の出版です。
つまり、売り上げを系統保存事業や研究費にあてる、というアイデアです。
もともとワサビの危機的な状況をたくさんの方に知って頂きたくて、
本は書かなければと思っておりましたが、
実現できておりませんでした。
今年の夏は時間的な余裕が少しはできそうだと思っておりました。
ところが気が付けばもう7月も終わり???
信じられません。

子供さんたちの夏休みも始まったばかりですので、
子供さんたちが宿題を頑張るように、
私も執筆を夏休み中にやってしまおうと思います。

頑張ります。





  1. 2017/07/22(土) 00:20:59|
  2. ワサビ

NHKラジオ 夏休み子ども科学電話相談の季節がやってまいりました

NHKラジオ 夏休み子ども科学電話相談の季節がやってまいりました

https://www.nhk.or.jp/radiosp/kodomoq/

こども相談ラジオ2017

朝、いつもNHKのラジオを聴きながら家事をするのですが、
毎年この時期を楽しみにしております。

最後までゆっくりは聞けないのが残念です。

宇宙のことや昆虫のこと、そして植物のことなど、
幅広い分野で子供たちの疑問に第一線で活躍される科学者の方々がわかりやすく説明して下さいます。

自分でも知らないことがたくさんあると大変勉強になりますし、
たまに知っている内容であれば、子供にわかりやすく説明するにはどうしたらよいのか
という点でも勉強になります。

何より、子供たちの視点が新鮮です。

「そこついてたか~!」

という鋭い質問の連続で、自分のこりかたまった頭を思うと悲しくなることもあります。

ということで、子供はもちろん大人も楽しめる番組です。

かなり昔からやっている有名な番組ではありますが、
もしご存知ない方がおられましたら、是非一度車の中やスマホを使って移動中などでもお聞き頂けましたら幸いです。

いよいよ夏休みですね。

子供たちみんなが貴重な体験ができてたくさん成長できますように。

  1. 2017/07/20(木) 23:48:16|
  2. 未分類
次のページ

アクセス

プロフィール

自然科学系女性研究者

Author:自然科学系女性研究者


人気ブログランキングへ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (37)
この一冊 (17)
ワサビ (63)
おすすめスポット in 岐阜 (8)
気になるニュース (23)
論文紹介 (3)
その他生き物 (8)
教育研究雑記 (158)
たべもの (17)

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR